上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の午前中、二の腕の(軽症の方)抜糸が完了致しました^^

問題の肘の部分の抜糸はまだですが、
かなりの確立で壊死すると想われていた部分の拡大は完全に止まり、
綺麗な感じで赤みが帯びて参りました!
創部は今暫し経過を観察するとの事でしたが
命の危険や切断は9割方無くなり一安心な我が家でございまつw



病理検査の結果も出まして。

生検を済ませていなかった二の腕の腫瘍は
一般的な繊維腫との診断でホッしております。



最初の手術の日の夜は「ヴーヴー」と野生の声を出しながらうなされ、
左手は腫れあがり芯から冷え、歯茎はチアノーゼという最悪の状態でした。
指間と手の甲からはリンパ液が湿潤してきてマッサージしても腫れが引かなくなり、
いつも温和でヘラヘラしているあの先生が
良くないなー良くないなーと眉間にシワを寄せ
テン子の左手を触診していた空間は今でも忘れられません。

ユン子さんも状況を察知しストレスフルだったのか・・・実は夜中に犬生初の嘔吐を経験;;



正月2日の晩には再手術で寝不足でヘトヘトだったあたくし達には
テン子の命を応援し続けるという迫力が消えかけた時もありました。



みなさまの応援パワーの支えもあったおかげさまもありまして、
テン子さんがまた笑いながら生き続けていけるというチャンスが与えられました^^

「テン~子とぉぉぉ~~~お~~~ こえぇぇぇたぁぁぁい~~~♪」
「あまぎぃぃぃーーーー ごぉぉぉぉぉえ~~~♪」という唄を
ずっと心で歌いながらの看病でございました(笑)

我が家への応援、誠にありがとうございました!!

今はまだ大きな山から下山している途中ですが・・・もうきっと大丈夫かとw

これからの余生もじゃんじゃん楽しませてあげたいと想っていまーーーすっ♪

この日(日曜)の午後からは沢山のお友達がお見舞いにやって来てくれました@感謝

・・・そのお話は次回にでもwww
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。